スポンサードリンク

長期運用での為替リスクを抑える方法




■豪ドル、NZドルは餌食になりやすい


外貨MMFなどの外貨商品への投資で一番のリスクは、何といっても為替変動リスク
による為替差損が発生することです。これは避けることが非常に困難です。


特に豪ドルやニュージーランドドルのような資源国通貨は要注意です。


商品価格が先物市場で乱高下すると、それに引っ張られます。


しかも、米ドルやユーロなどと比較すると圧倒的に取引量が小さいです。


大口が売ると大暴落することになるので、つねに投機筋に遊ばれる運命にあります。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■外貨投資は中国経済を無視できません!


リーマンショックのときには資産がたった数日で半分にまで下落してしまいました。


オーストラリアとニュージーランドは、中国との貿易に対する依存度が高いです。


中国経済は、今後も発展すると言われています。


しかし、株式市場はすでにピーク時の半分以下です。


GDPの大半は不動産の取引によるものです。すでに不動産バブルがはじけてます。


地方債のデフォルトが止まりません。それにともない不良債権が膨らみ続けてます。
この二カ国の金融商品に投資するのであれば、中国経済は無視できません。


外貨預金やFXでスワップポイントを狙った取引を行なっている方は要注意です。


数日で大きな為替差損を被る可能性が高いからです。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■外貨MMFで長期の積立投資が安全


残念ながら、上昇が続いた相場は、かならず下落に転じる場面が訪れます。


金融危機が来年以降も拡大する可能性が高いです。


残念ながらこうした状態が数年間続くことが予想されています。


ですので、今後さらに為替相場が下落する可能性もあるわけです。


一日あたりの値動きは株式と比較した場合極端に小さいです。


豪ドルのような通貨は大きく動く時には極端に動きます。


このため為替の動きに安易に飛び乗ると大きな損失を被る可能性が高いです。


外貨MMFは小額から投資できますので、さらに円高が進む場面でもリスクを抑える
ことができますが、上述した危険性が高いので要注意です。


今後の金融市場の動向を伺いながら、もし極端に円高が進んだ時に外貨MMFを購入
するのも良いですし、毎月1万円〜3万円程度積み立てるのもおすすめです。









posted by 外貨MMFで資産運用 at 18:33 | 外貨MMFの購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。